ジギング 鳥羽エリア〜過去釣行〜

鳥羽エリア 真冬のジギングがオススメ!ブリ・シーバス・サワラが釣れる。タックル紹介!!

鳥羽・伊勢エリアでの真冬ジギングについて紹介!

 

  • 鳥羽ジギングの特徴
  • 鳥羽ジギングが好きな理由
  • 鳥羽ジギング人気の船宿を紹介
  • 鳥羽ジギングのタックルについて
  • 鳥羽ジギングのオススメジグ

 

鳥羽ジギングの特徴


 

鳥羽ジギングと言えば、近海にも関わらず大物のブリが釣れることで有名。ポイントにもよるが、港から30分以内がポイントのことも多い印象。過去、20Kgのワールドレコードが釣り上げられたことで、一躍有名になったようだ。鳥羽は、内海・外海エリアと大きく分けて言われることがあるが、特に、内海の場合は、風・波の影響が少なく、初心者でも船酔いの心配が少ない。また、冬になると大型のブリ、サワラ、その他、トーバスという愛称が付くほどの美味で知られるシーバスが釣れることでも有名。年によって大きく変わってくるが、1日で船中100匹を超えるほど、トーバスが大爆釣する時もある。またちょっと変わった方言がある。この地方では、ブリとワラサの間のサイズを‘ケンカブリ’と言うようだ。昔、漁師から仲買人が魚を買い取る際に、ブリかワラサのどちらかを言い争った事が由来とされている。

 

鳥羽ジギングが好きな理由


 

冬の瀬戸内海(明石含む)は、1月以降はブリが釣れにくくなる。日本海はというと、12月から寒ブリシーズンに入るが、特に1月以降は時化により出船できないことが多く、3月末頃からハイシーズンになるのが通例だ。鳥羽は関西からも高速道路を使えば2時間程度で行けてしまうことから、私が毎冬に通っているフィールドだ。しかも、どちらかというと1~3月は、鳥羽ジギングの最盛期というで、関西ジギンガーにとって、真冬は鳥羽がちょうどよいのだ。

 

鳥羽ジギングの人気の船宿を紹介


もっと詳細リンクはこちら

  

鳥羽ジギングのタックルについて


 

真冬の鳥羽エリアはイワシが主なベイトのようで、実際に現場に行くと真冬にも関わらずナブラが起きるほど活性が高い日も多い。鳥羽ジギングで好まれるタックル・アクションは、他エリアのジギンガーからすると独特に感じると思う。大前提として、ジグを横に大きくスライドさせないことが良いとされており、ジグはショートタイプで、ティップが柔らかいロッドでソフトにシャクるのが大定番。さらに、10kgオーバーのブリが釣れることも少なくない状況ではあるが、PEライン1.5号~2.0号がメジャーとなる。リールも小型ベイトリールが好まれるため、シマノオシアコンクエスト200~300、ダイワ200番台が中心となる。私の個人的感想は、ダイワの1世代前の名機 'リョウガ’ を使用しているジギンガーが多いと思う。

 

私の鳥羽タックルを紹介!

 

鳥羽で使用するリール:ソルティガBJ 200SH ソルティガBJ 200SHは、替えスプールを2個常備。これは、各地で釣りをするのにとっても便利なので下記の別記事を参考にしてほしい。

 

 

鳥羽で使用するロッド:ソルティガBJ 63XHB

  

鳥羽で使用するスピニングリール:ソルティガ4000H 各地で使用する時に、替えスプール(3500H)を用意。 ロッドは、ソルティガBJ 60XXHBを使用。

 

鳥羽ジギングのオススメジグ


 

ジグは基本的にショートタイプ、赤金・緑金・たまにグロー系が定番。

  • 『FKジグ』150g~180g 大定番!
  • 『頑鉄』150g~180g、『頑鉄Z』165g~190g  強丸の船長が推しまっくているジグ。 アマゴカラー等の限定カラーが多数存在。購入したい方は、橋本釣具店がオススメで、釣行前の早朝からオープンしているので、購入忘れの心配なし!
  • 『TGベイト』120g~150g 大定番だが、値段が高い。。
  • 『TBジグ』晩秋はタチパターンによるロングのパターンが存在する。

 

鳥羽に行くならこの3本の頑鉄
各地で使用する頑鉄たち

 

19年2月のある日、メーター級のサワラとワラサが上がった。サワラはもう絶品。真冬の鳥羽ジギングは、本当にオススメだ。

 

2022/1/19

【日本海】冬の丹後、寒ブリ・寒サワラ爆釣狙いのジギングへ!

2022/1/14 釣行レポート   目次1 真冬の丹後へ!寒ブリ&寒サワラをジギングで狙いに!!2 丹後の寒サワラジギングスタート3 丹後の寒ブリジギングスタート!4 丹後の寒サワラジギング再スタート!5 丹後ジギングのタックル紹介6 丹後ジギングで釣れた魚を料理!!7 まとめ ☟   真冬の丹後へ!寒ブリ&寒サワラをジギングで狙いに!! 2021年の11〜12月の期間、4回連続して時化で出港できないことが続いた。 2022年初釣行も、直前まで日本海が大雪になったことにより中止と思われて ...

ReadMore

2022/1/11

関西ジギング、ソルトルアーのポイント・スケジュールを紹介!

  年始めになる頃には、その年の釣りの年間スケジュールがだいたい決まっているのが恒例となっている。 関西在住の方に参考になればと思い書いてみることに!    関西のジギング年間スケジュール 1月:丹後寒ブリ狙い。もしくはトンジギ。 2月:鳥羽ブリ・サワラ狙い。もしくはトンジギ。 3月:丹後春ブリ爆釣狙い。もしくはトンジギ。 4月:丹後春ブリ爆釣狙い。丹後ヒラマサキャスティング。 5月:明石桜鯛狙い。 6月:丹後スロージギング。夏タラ・タヌキメバル狙い。 7月:若狭湾イカメタル。伊勢湾マグロキャスティング。 ...

ReadMore

2021/11/12

【大阪湾】明石沖のタチパターンジギングへ!タックル、ジグを紹介

2021/11/6 釣行レポート 目次1 秋の明石ジギングへ!1.1 オススメジグ① メジャークラフト ジグパラロング1.2 オススメジグ② ルンゴスライダー2 明石ジギングのタチパターンのアクションは?3 明石ジギングのタチパターンのタックルを紹介3.1 オススメの単色ライン シマノピットブル4 明石ジギングで釣れた魚を料理 👇   秋の明石ジギングへ! 2021年秋-冬は日本中でブリが豊漁!?の様子だ。北海道ではキロ500円で売られているとか・・ 明石もよく釣れているしサイズも大きい。 ...

ReadMore

2021/10/25

【大阪湾】神戸須磨沖のタチウオテンヤ&ジギング釣行レポート!

2021/10/23 釣行レポート   目次1 神戸須磨沖へタチウオテンヤ&タチウオジギングへ!2 タチウオテンヤでサバフグの猛攻開始。3 タチウオテンヤタックルを紹介4 まとめ4.1 オススメの単色ライン シマノピットブル5 須磨沖で釣れたタチウオを料理 ☟   神戸須磨沖へタチウオテンヤ&タチウオジギングへ! 単色ラインを準備してきた。 昨日の昼、本日の伊勢のマグロ釣行が時化で中止と決定。すぐに代替案を探し、急遽タチウオ釣行に行くことになった。 朝の5時、真っ暗闇の須磨漁港に集合。 港 ...

ReadMore

2021/10/21

【日本海】丹後ジギングでオススメのジグを紹介!ブリ・ヒラマサを釣ろう!

2021/10/14 更新   丹後ジギングでオススメのジグを紹介。 丹後では『丹後ジャーク』でしか釣れないシーンが多く、ジグのチョイスも他エリアと異なる部分も多い。 『丹後ジャーク』では、高速巻き → ロングフォール → ワンピッチ のコンビネーションジャークをするため、ジグの抜けの良さ、フォール姿勢、ワンピッチの姿勢などのファクターがある。 そんなファクターから総合的に人気のジグが定番化していると思う。   今回は、丹後で定番のオススメジグを紹介。こちらのラインアップを揃えていれば丹後ジギング間違いな ...

ReadMore

 

オススメのショップがこちら!!

フィッシングショップ風月堂

楽天プレミアム会員って?




-ジギング, 鳥羽エリア〜過去釣行〜
-

Copyright© ジギングワールド , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.