伊勢ビンチョウマグロ電動ジギングタックル紹介します。

2022/2/27 

 

 

 

伊勢ビンチョウマグロの電動ジギングはアリなのか?


 

まず、ビンチョウマグロのジギング(トンジギ)において、電動ジギングタックルはアリなのか?ナシなのか?

答えは、

アリだ。

最近は、ブリジギングでも電動ジギングが流行りだしているが、まだ手を出していない人も多いと思う。

でも、、

トンジギの電動ジギングは大アリなのだ。

その理由を下記にまとめる。

 

アリの理由①

トンジギは黒潮に乗ってやってくるビンチョウマグロを狙う。

その黒潮は暖かくエサが豊富な潮流なのだが潮の流れも速い!!

その潮流に対してドテラ釣法でジギングを行うが使用するジグは平均300g

日によっては500gを使用することもある。

その重さのジグをシャクるのは、

非常に重くしんどい

のである。

 

アリの理由②

トンジギはマグロが回遊しているポイントをひたすらドテラ釣法で狙う。

ヒットする瞬間は予想できず、まさに神出鬼没なのである。

そのため、アングラーは神出鬼没するマグロを釣るべく、休憩もままならない状態でシャクり続けなければならない。

さらに、潮が速く500gの事後をシャクり続けるなんて日は、、

まさに苦行!!

なのである。

 

 

伊勢ビンチョウマグロの電動ジギングのオススメリールは?


トンジギにオススメの電動リールを一挙に紹介する!

 

オススメ電動リール① ダイワ シーボーグG300JL

 

私はとにかく軽量 575g!!ということでこのモデルを使用している。

ライバル機種の『ビーストマスター1000』と比較した際に重量が軽い!

懸念点としては、ブラシ付きモーターを採用していることから耐久性でビーストマスターに劣る点だと思われる。

ただ、その点はブラシ付きモーターでありながら耐久性を4倍に上げて、

保証内容を3年,300㎞と、通常のモデルよりもグレードアップしている点に惹かれて購入することにした。

(おそらく、私のようなサンデーアングラーでは300km使用するまでに数年はかかりそうだ。)

またシマノには左巻きモデルがないところも、こちらを推すことになった。

  

オススメ電動リール② ビーストマスター2000

 

19年に発売された『ビーストマスター2000』。

後発で発売された『ビーストマスター1000』と、自重 690gとほぼ同じ。

ジギングオートモードや液晶表示内容といったデジタル面での更新され、タッチドライブの有無も大きな変化点であるが、

タッチドライブには賛否が別れる事が多く、あえて『ビーストマスター2000』をチョイスする人も多いようだ。

また、ピックアップボタンやジョグレバーの配置が、電動トンジギにはオススメである。

 

オススメ電動リール③ ビーストマスター1000

 

基本特性は、上記の『シーボーグ G300JL』と大きくは変わりなくオススメのリールの一つ。

シーボーグと比べて自重 700gと少し大きくなるのは欠点だが、オートジギングモードが豊富であったり液晶が大きい。

また、魚探の探検丸とリンクし鮮明にタナや水深が表示されるため、ジギングやタチウオテンヤでも活躍できる。

実釣で気になる点としては、ピックアップボタンがリールを支えている左手で押しにくいところである。

電動トンジギにおいて、マニュアルでピックアップボタンを押しながらゆっくりシャクることが多いが、

このモデルはその動作がしにくいのだ。。

私はこの点が使いにくいと判断し、電動トンジギ用として選択することを止めた。

 

  

伊勢ビンチョウマグロの電動ジギングにオススメロッドは?


電動ジギングロッド① オーシャントルクOT -58T-DJ スパイラルガイド

 

電動トンジギ専用モデル。電動リール用にスパイラルガイド設定になっていることや、対応ジグが500gまでと完璧にトンジギ用に設定されたロッドと言える。

 

電動ジギングロッド② シマノOCEA EJ B63-4

 

電動ジギング専用モデル。こちらもスパイラルガイド使用になっておりオススメの一本。

 

 

伊勢ビンチョウマグロの電動ジギングにオススメのジグは?


今回使用したビンチョウマグロ・トンジギ用のジグを紹介する。

 

あいや〜ジグ

 

トンジギのド定番ジグ『あいや〜ジグ』。300gを平均として、220〜400gを常備したいところ。

このジグのフォールがマグロに効果があるような気がする。

 

ウロコジグ

 

こちらも超定番の『ウロコジグ』

200〜400gを常備したいジグである。引き抵抗が少ないため使いやすいところも◎

 

👇ジグ紹介の詳細こちら

リンク:『ビンチョウマグロジギングのジグを紹介』

  

 

伊勢ビンチョウマグロの電動ジギングにオススメのフックは?


ビンチョウマグロ・トンジギでオススメのフックを紹介。

使用するフックはシングルタイプで、リア・フロントの両方に装着することが多い。

 

ブルーチェイサー 

 

ド定番のフック。以前に有名船「へいみつ丸」船長もオススメしていた。

サイズは9/0か11/0が良い。7/0でも問題なく使用可。

 

SUTEKI 幻フック

 

こちらも定番のフック。

オススメサイズは3/0か4/0だ。

 

まとめ


トンジギはとにかくしんどい。。

そして、いつ釣れるか分からない状況でひたすらシャクらなければならない。

いくら体力自慢の人でも、

『電動ジギング』が有利!

であることは間違いなさそうだ。

 

2022/8/27

三重県伊勢沖 爆釣!キハダマグロ、カツオキャスティング釣行!

2022/6/3 釣行レポート   目次1 伊勢沖キハダマグロ&カツオキャスティング釣行へ!2 カツオ大爆釣! ☟   伊勢沖キハダマグロ&カツオキャスティング釣行へ! 伊勢尾鷲沖のパヤオこの時期はカツオにマグロとナブラが発生する名所    初夏になると大盛況となるキハダキャスティング。 今は、6月頭であるため、まだ本格シーズンとは言えないが、キハダ以外にカツオも狙えるシーズン。 今回は両方をターゲットとして、チャーター便で出港することになった。   キャスティングの集合時間は早い・・ 集 ...

ReadMore

2022/5/20

【大阪湾】スロージギング釣行!根魚、ハタ、青物爆釣!

2022/05/01 釣行レポート   目次1 大阪湾のスロージギング釣行へ!2 大阪湾スロージギングタックル紹介3 大阪湾スロージギングオススメジグ紹介4 大阪湾スロージギングにオススメのフック紹介5 まとめ 👇   大阪湾のスロージギング釣行へ! 今回は大阪湾を出港し、遠征便として和歌山沖へ行きスロジギを楽しむコース。 つい、2日前は丹後のスロジギ釣行を予定していたが、 悪天候により中止。。 保険の意味を込めて、大阪湾側でのスロジギ釣行も予定をいれており大成功。 同じようなタックルで行 ...

ReadMore

2022/4/13

日本海 丹後ジギングで12kgオーバーのブリゲット!タックル紹介します。

2022/4/9 釣行レポート   目次1 丹後ジギングで巨ブリを狙いに!2 丹後スロージギングで根魚狙い!3 丹後のディープタイラバスタート4 丹後でブリジギングスタート5 丹後のジギングタックルを紹介6 丹後ジギングで釣れた巨ブリを料理7 まとめ ☟   丹後ジギングで巨ブリを狙いに! 2022年丹後の春、3月は天候に恵まれておらず各船は欠航が多かった。 4月上旬になり10kgオーバーの良型が釣れているという釣果結果が入るようになり、 丹後に行かなくては!と思いたち。 急遽、1名で飛び込み予約をした。 ...

ReadMore

2022/4/13

丹後のディープタイラバで大鯛狙いへ!タックルなど紹介します

2022/3/13 釣行レポート   目次1 丹後へディープタイラバで大鯛狙いに!2 まとめ ☟   丹後へディープタイラバで大鯛狙いに! 宮津港に7:30集合。 この日はディープタイラバオンリーの釣行となった。大鯛や甘鯛、根魚を含めた美味しいお土産が期待できる!   出港して1時間半。 浦島沖近くのディープエリアに到着。   繊細なセッティングがいい!? 楽天市場をチェック! amazonをチェック! 船長に聞くと、針はS・SSサイズで小さいものがよく、ネクタイのボリュームも少ない方が良いとのこと。 と ...

ReadMore

2022/2/22

【伊勢】ビンチョウマグロ釣行へ!トンジギタックルや釣り方を紹介!

2022/2/19 釣行レポート     目次1 伊勢へビンチョウマグロジギング(トンジギ)へ!2 ビンチョウマグロジギング(トンジギ)スタート!3 ビンチョウマグロジギング(トンジギ)を紹介!4 ビンチョウマグロジギング(トンジギ)用のジグを紹介!5 ビンチョウマグロジギング(トンジギ)用のフックを紹介!6 まとめ 👇   伊勢へビンチョウマグロジギング(トンジギ)へ! 2022年2月 もう冬になった時から待ちどおしかった 「トンジギ」釣行の日。 マグロ釣行は、昨年夏からキャンセルに悩ま ...

ReadMore

Copyright© ジギングワールド , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.