【超人気】明石タイラバタックル紹介!オススメのリールやネクタイは?

 

2020/1/3 更新

 人気の明石鯛が釣れるタイラバのタックルを紹介!オススメのネクタイセッティングや船宿もまとめてみた。

  

 

 

明石のタイラバの特徴


明石海峡

 

高級魚の真鯛が釣れる!

 

 明石のタイラバの最大の特徴は、なんと言ってもブランド魚の『明石鯛』が釣れることだ。さすが日本で一番有名な鯛だけあって、お値段も高い!キロサイズで7500円/匹程度で取引されることもある。60㎝オーバー(ロクマル)ともなると、2万円以上の値段がつくこともある。明石では、そんな高級魚がタイラバで釣れるとあって人気のエリアなのだ。

 

明石タイラバのポイント

  

 明石のタイラバのポイントは、明石海峡付近を中心としてこの赤印のエリアで行われることが多い。明石は、潮の満ち引きの影響で明石海峡を境に西側や東側に時刻によって流れが変化する為、その潮流に合わせたポイント選びが重要になってくる。

 明石海峡近くは、急激に潮が早くなるポイントで、タングステン120〜150g程度のシンカーが必要になることもあるので要注意!明石タイラバ釣行の際は根掛かりも多いことから、シンカーは多めに持参することをオススメする!

【関連記事】'20/1 明石タイラバ釣行 

 

 

明石のタイラバタックルについて


  

明石のタイラバタックル

  • ロッド:6〜6.6ftのタイラバ用ロッド
  • リール:タイラバ用両軸リール
  • ライン:0.6〜0.8号/200m
  • リーダー:8〜12lb
  • シンカー:60〜120g

 ☞タックル自体は、シンプルなタイラバセッティング。

  

明石のタイラバセッティングはシルエット控え目が良い

紅牙中井チューン+ワーム
ルミノーバー+マジカルカーリー

   

 明石のタイラバセッティングは、他エリアと比べてシルエットは控え目な物が主流となっている。明石では60〜80gのシンカーを使用することが多いが、タングステンシンカーが特に人気となっており、これもシルエットを控え目にする術の一つである。個人的には、タングステンシンカーの色はカラーリングしていないものでOK!この銀色がステルスカラーになっていると実感することが多いからだ。

 

明石のタイラバにオススメのネクタイは?

  

紅牙 中井チューン ユニットα

 

 明石では必須と言えるネクタイの中井チューン。やはり控え目のシルエットが効くことが多い、中でもゼブラカラーがお気に入りカラーでオレンジや黒色と組み合わせて使用することが多い。また、春先の海苔パターンの時期には緑色が効くことがある為、用意しておいた方が良い!

【関連記事】明石海苔パターンについて

  

紅牙 中井チューン ネクタイ

  

 中井チューンユニットを常備しながら、状況に応じてネクタイのカラーを変更している。

  

ルミノーバ ネクタイ

 

 グロー系が効くシーンがある為、こちらのネクタイを常備している。過去に、同船者が釣れない中、自分だけが連発した経験がある。 

  

 

明石のタイラバにオススメのワームは?

マジカルワーム

  

 ここ数年の明石では必須アイテムになったワーム。過去に、タングステンシンカーにマジカルワームのみを装着したもので連発した経験がある。標準的に使用している物は、『オレンジ・ゴールドラメ Mサイズ』である。

  

明石のタイラバ用リールのオススメ


  

オシアコンクエストCT 200PG

 

 タイラバのタックルで重要なのはロッドよりもリールが重要!そして機能は多い方が良い!が、私の考えである。タイラバ用リールに必要な重大要素3点はこちら。

・等速にまく!
・巻きごこちの良さ!
・ヒットのタナが一目瞭然!

 この要素が詰まっているのが、カウンター付きのオシアコンクエストCTなのだ。唯一のデメリットは冬場に冷たいくらいだと考える。

 

ソルティガ BJ 200SH  

 私は、タイラバ釣行の際はローギアとハイギアを常備する。やはりスピードにより釣果に差が現れるからだ。

 このリールがオススメなのは、スプールが安価で交換が簡単なことで様々なエリアで利用できるところだ!

【関連記事】ソルティガ 200SHが使いやすい!

 

明石のタイラバ用ロッドのオススメ


   

炎月エクスチューン 

 

 炎月エクスチューンがオススメの1本。やはりXSEATが握りやすく疲れにくい!硬さは‘M‘くらいが良いが、タイラバに置いては主にリールの力で巻く釣りの為、ロッドの硬さは釣果にそこまで影響しないと考えており標準的な’M’を購入することをオススメする。

  

 

明石のタイラバにオススメの動画


  

  

明石のオススメの船宿


 

【関連記事】明石のオススメ船宿紹介

☝︎クリック!

 

まとめ


 

 明石の鯛は、別のエリアで釣れる鯛と別格で美味い!家族にも喜ばれる明石のタイラバを堪能しよう!

 

【関連】明石釣行に関する記事まとめ

 

 

2022/1/19

【日本海】冬の丹後、寒ブリ・寒サワラ爆釣狙いのジギングへ!

2022/1/14 釣行レポート   目次1 真冬の丹後へ!寒ブリ&寒サワラをジギングで狙いに!!2 丹後の寒サワラジギングスタート3 丹後の寒ブリジギングスタート!4 丹後の寒サワラジギング再スタート!5 丹後ジギングのタックル紹介6 丹後ジギングで釣れた魚を料理!!7 まとめ ☟   真冬の丹後へ!寒ブリ&寒サワラをジギングで狙いに!! 2021年の11〜12月の期間、4回連続して時化で出港できないことが続いた。 2022年初釣行も、直前まで日本海が大雪になったことにより中止と思われて ...

ReadMore

2022/1/11

関西ジギング、ソルトルアーのポイント・スケジュールを紹介!

  年始めになる頃には、その年の釣りの年間スケジュールがだいたい決まっているのが恒例となっている。 関西在住の方に参考になればと思い書いてみることに!    関西のジギング年間スケジュール 1月:丹後寒ブリ狙い。もしくはトンジギ。 2月:鳥羽ブリ・サワラ狙い。もしくはトンジギ。 3月:丹後春ブリ爆釣狙い。もしくはトンジギ。 4月:丹後春ブリ爆釣狙い。丹後ヒラマサキャスティング。 5月:明石桜鯛狙い。 6月:丹後スロージギング。夏タラ・タヌキメバル狙い。 7月:若狭湾イカメタル。伊勢湾マグロキャスティング。 ...

ReadMore

2021/11/12

【大阪湾】明石沖のタチパターンジギングへ!タックル、ジグを紹介

2021/11/6 釣行レポート 目次1 秋の明石ジギングへ!1.1 オススメジグ① メジャークラフト ジグパラロング1.2 オススメジグ② ルンゴスライダー2 明石ジギングのタチパターンのアクションは?3 明石ジギングのタチパターンのタックルを紹介3.1 オススメの単色ライン シマノピットブル4 明石ジギングで釣れた魚を料理 👇   秋の明石ジギングへ! 2021年秋-冬は日本中でブリが豊漁!?の様子だ。北海道ではキロ500円で売られているとか・・ 明石もよく釣れているしサイズも大きい。 ...

ReadMore

2021/10/25

【大阪湾】神戸須磨沖のタチウオテンヤ&ジギング釣行レポート!

2021/10/23 釣行レポート   目次1 神戸須磨沖へタチウオテンヤ&タチウオジギングへ!2 タチウオテンヤでサバフグの猛攻開始。3 タチウオテンヤタックルを紹介4 まとめ4.1 オススメの単色ライン シマノピットブル5 須磨沖で釣れたタチウオを料理 ☟   神戸須磨沖へタチウオテンヤ&タチウオジギングへ! 単色ラインを準備してきた。 昨日の昼、本日の伊勢のマグロ釣行が時化で中止と決定。すぐに代替案を探し、急遽タチウオ釣行に行くことになった。 朝の5時、真っ暗闇の須磨漁港に集合。 港 ...

ReadMore

2021/10/21

【日本海】丹後ジギングでオススメのジグを紹介!ブリ・ヒラマサを釣ろう!

2021/10/14 更新   丹後ジギングでオススメのジグを紹介。 丹後では『丹後ジャーク』でしか釣れないシーンが多く、ジグのチョイスも他エリアと異なる部分も多い。 『丹後ジャーク』では、高速巻き → ロングフォール → ワンピッチ のコンビネーションジャークをするため、ジグの抜けの良さ、フォール姿勢、ワンピッチの姿勢などのファクターがある。 そんなファクターから総合的に人気のジグが定番化していると思う。   今回は、丹後で定番のオススメジグを紹介。こちらのラインアップを揃えていれば丹後ジギング間違いな ...

ReadMore

Copyright© ジギングワールド , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.