オススメタックル ジギング 丹後エリア〜過去釣行〜

【日本海】丹後ジギングでオススメのジグを紹介!ブリ・ヒラマサを釣ろう!

2021/10/14 更新

 

丹後ジギングでオススメのジグを紹介。

丹後では『丹後ジャーク』でしか釣れないシーンが多く、ジグのチョイスも他エリアと異なる部分も多い。

『丹後ジャーク』では、高速巻き → ロングフォール → ワンピッチ のコンビネーションジャークをするため、ジグの抜けの良さ、フォール姿勢、ワンピッチの姿勢などのファクターがある。

そんなファクターから総合的に人気のジグが定番化していると思う。

 

今回は、丹後で定番のオススメジグを紹介。こちらのラインアップを揃えていれば丹後ジギング間違いなくOKだ!!

   

 

日本海 丹後ジギングでオススメのジグを紹介!


 

1位:ネイチャーボーイズ ウィグルライダー

人気の鉄ジグシリーズ。

鉛とは違う鉄ならではのフォールが効いていると思うシーンが多い。

抜け感がちょうどよく跳ねすぎない、軽い力で規則正しいワンピッチが素人でもできる。

ただし、ワンピッチの振れ幅は大きめなのでテーリング防止でリアフックはあまり付けない。

私は165gを使うことが多い。

デメリットは鉄ジグ特有の錆が出る、長く使うと錆だらけになってくる。。

 

2位:オッターテイル  145〜170g

日本海の大定番。大きくスライドしアピールする。丹後のみならず玄達瀬でも大定番のジグ。

引き抵抗は、他のジグに比べると少し大きいため145g/170gが推奨。

200gが必要な時は別の薄いジグを使用することにしている。

👉オススメカラー 赤金、シルバーゼブラ

 

3位:ダイワ リーフ 140〜200g

丹後ジギングの大定番。薄いボディが引き抵抗を小さくしており『丹後ジャーク』を行っても疲れにくい。ただし、ワンピッチでは跳ねすぎてしまうためタイミングが取りづらい。

高活性で高速巻き→ロングフォールでヒットするような場面で登場させることが多い。

フォールで食うことが多いジグのためリアフックは推奨。テーリング防止のためワンピッチは控えめに!!

👉オススメカラー 赤金、ブルピン

  

 

番外(レジェンド):ツダジグ バスター 165〜240g

 

とにかく売切れで入手困難のためレジェンド扱いとした。

ワンピッチで抜け感が心地よく跳ねすぎることもないので、ワンピッチのタイミングが合わせやすい。フォールでのヒットも多く、オールマイティーなレジェンドジグ。

釣具屋で売っていたら買うべきだが、このジグでないと釣れないということはないので、入手可能なジグでOKだろう。

 

4位:ワイルドギャンブラー DYNA 130〜200g

 

ベテランアングラー御用達の一本。ワンピッチよりもフォールが効くかな?と思うときに使用している。

ワンピッチは抜け感が良すぎて、たまに跳ねてしまうこともあるのでタイミングは合わせる必要あり。

フォール主体の時はリアフックを推奨。

 

5位:ジグパラショート 150〜200g

 

安価で入手バツグン!ダントツの安さなのでサワラがいるシーンでは重宝する。

使用感はというと上記のDYNAとほぼ同じで使い易い(形状がかなり似ている)。

実績も十分なので、非常にオススメの1本。

👉オススメカラー 赤金、イワシカラー

 

 

6位:ナムジグジョーカー

 

日本海のどこに行っても、このジグで始めようと思う1本。

引き抵抗も軽くワンピッチでも跳ねすぎずタイミングが合わせ易い(若干、力を入れすぎると跳ね易い)。

フォールも効果があるため、リアフックを付けるものOK。その場合はソフトなしゃくりを心がける。

キラキラしたコーティングのカラーリングも他とは違う雰囲気を出している。

  

7位:フラットハオリ

 

ベテランアングラーにファンが多い1本。

ワンピッチ・フォールと全てにおいてバランスが良いジグ。

使用感はツダジグと似ているが、こちらの方が引き抵抗は軽くロングフォールがやり易い、ワンピッチでは少し跳ねすぎる感じはある。

入手性の悪さでランクを下げたが、京都の釣具屋であれば売っていることは多い。また『フラットハオリ極』という記念ジグも販売されている。

   

日本海 丹後でヒラマサ狙いにオススメのジグを紹介


1位:シマノ キングスラッシャー 150〜200g

丹後でヒラマサ狙いで重宝する1本。ヒラマサはロングジグで効果がある事が多く、ワンピッチのやり易やとフォールの姿勢が一定で綺麗。

もちろんブリにも効果はあるが、ブリ狙いでロングジグに効果があるのは春のイカパターンから夏頃が多い。

  

 

2位:イサムジグ 150〜210g

  

京都の丹後でヒラマサ狙い専用ジグとして開発されたもので地元ジグ。

丸みのあるボディで、ヒラヒラと落ちるフォール姿勢がいかにも釣れそうなジグである。

 

日本海 丹後ジギングでオススメのフック紹介


フロントフック:シャウト TCハードギャップ

丹後ジギングの際に一番使用するのはがこちら。

フロントフックのみ装着する事が多いため、ギャップタイプが針がかりが良いと感じている。フッ素コートでツルツルの針に仕上がっているが、錆び易いので注意。

■フックサイズ
・メジロ・ブリ狙い →  3/0
・ハマチ狙い → 2/0

 

フロントフック:メジャークラフト ZOC

丹後ジギングの際に、よく使用するのはがこちら。

フロントフックのみ装着する事が多いためタンデムタイプがオススメ。安価で安心なフックの一つである。

■フックサイズ
・メジロ・ブリ狙い →  3/0
・ハマチ狙い → 2/0

 

リアフック:TCツインスパーク リア用

リアフックでツインタイプを装着するならオススメ。

丹後ジャークをするとテーリングしやすいため、PEの長さは1cmまでが使い易い。

■フックサイズ
・メジロ・ブリ狙い →  3/0
・ハマチ狙い → 2/0

  

 

リアフック:DECOY ショートスパイク

フォールアクションに反応が良い日にリアフックを装着するが、テーリングが気になる場合はこちらのフックがオススメ。

上記のリーフに装着することが多いフック。

■フックサイズ
・メジロ・ブリ狙い →  3/0
・ハマチ狙い → 2/0

 

まとめ


21/秋 丹後釣行

秋から冬にかけて、丹後ブリは脂がたっぷりのってくる。

釣って楽しい、食べて美味しい、最高の獲物をゲットしよう!!

 

 

2022/1/19

【日本海】冬の丹後、寒ブリ・寒サワラ爆釣狙いのジギングへ!

2022/1/14 釣行レポート   目次1 真冬の丹後へ!寒ブリ&寒サワラをジギングで狙いに!!2 丹後の寒サワラジギングスタート3 丹後の寒ブリジギングスタート!4 丹後の寒サワラジギング再スタート!5 丹後ジギングのタックル紹介6 丹後ジギングで釣れた魚を料理!!7 まとめ ☟   真冬の丹後へ!寒ブリ&寒サワラをジギングで狙いに!! 2021年の11〜12月の期間、4回連続して時化で出港できないことが続いた。 2022年初釣行も、直前まで日本海が大雪になったことにより中止と思われて ...

ReadMore

2022/1/11

関西ジギング、ソルトルアーのポイント・スケジュールを紹介!

  年始めになる頃には、その年の釣りの年間スケジュールがだいたい決まっているのが恒例となっている。 関西在住の方に参考になればと思い書いてみることに!    関西のジギング年間スケジュール 1月:丹後寒ブリ狙い。もしくはトンジギ。 2月:鳥羽ブリ・サワラ狙い。もしくはトンジギ。 3月:丹後春ブリ爆釣狙い。もしくはトンジギ。 4月:丹後春ブリ爆釣狙い。丹後ヒラマサキャスティング。 5月:明石桜鯛狙い。 6月:丹後スロージギング。夏タラ・タヌキメバル狙い。 7月:若狭湾イカメタル。伊勢湾マグロキャスティング。 ...

ReadMore

2021/11/12

【大阪湾】明石沖のタチパターンジギングへ!タックル、ジグを紹介

2021/11/6 釣行レポート 目次1 秋の明石ジギングへ!1.1 オススメジグ① メジャークラフト ジグパラロング1.2 オススメジグ② ルンゴスライダー2 明石ジギングのタチパターンのアクションは?3 明石ジギングのタチパターンのタックルを紹介3.1 オススメの単色ライン シマノピットブル4 明石ジギングで釣れた魚を料理 👇   秋の明石ジギングへ! 2021年秋-冬は日本中でブリが豊漁!?の様子だ。北海道ではキロ500円で売られているとか・・ 明石もよく釣れているしサイズも大きい。 ...

ReadMore

2021/10/25

【大阪湾】神戸須磨沖のタチウオテンヤ&ジギング釣行レポート!

2021/10/23 釣行レポート   目次1 神戸須磨沖へタチウオテンヤ&タチウオジギングへ!2 タチウオテンヤでサバフグの猛攻開始。3 タチウオテンヤタックルを紹介4 まとめ4.1 オススメの単色ライン シマノピットブル5 須磨沖で釣れたタチウオを料理 ☟   神戸須磨沖へタチウオテンヤ&タチウオジギングへ! 単色ラインを準備してきた。 昨日の昼、本日の伊勢のマグロ釣行が時化で中止と決定。すぐに代替案を探し、急遽タチウオ釣行に行くことになった。 朝の5時、真っ暗闇の須磨漁港に集合。 港 ...

ReadMore

2021/10/21

【日本海】丹後ジギングでオススメのジグを紹介!ブリ・ヒラマサを釣ろう!

2021/10/14 更新   丹後ジギングでオススメのジグを紹介。 丹後では『丹後ジャーク』でしか釣れないシーンが多く、ジグのチョイスも他エリアと異なる部分も多い。 『丹後ジャーク』では、高速巻き → ロングフォール → ワンピッチ のコンビネーションジャークをするため、ジグの抜けの良さ、フォール姿勢、ワンピッチの姿勢などのファクターがある。 そんなファクターから総合的に人気のジグが定番化していると思う。   今回は、丹後で定番のオススメジグを紹介。こちらのラインアップを揃えていれば丹後ジギング間違いな ...

ReadMore

-オススメタックル, ジギング, 丹後エリア〜過去釣行〜
-,

Copyright© ジギングワールド , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.