ジギング 中深海スロージギング 丹後エリア〜過去釣行〜

中深海スロージギングでアラを狙う!夏の丹後は絶好調!!

2020/7/31 丹後スロージギング釣行レポート

夏の丹後中深海スロージギングへ!

7月・8月になると、丹後の沖は潮が激流となる。そうなると、中深海のスロージギングも非常にやり辛くなり、特にタラを狙うのは不可能になる日が多くなる。今回がこの夏最後のタラ狙いを含む中深海ツアーで出港した。しかし、今回のメインターゲットは幻の魚と言われているアラである!

 

アラを狙いに、丹後中深海スロージギングへ!

 

浦島漁礁周辺で釣りスタート

 

 

アラ狙いからスタート

 

この日は、水深210mのアラ狙いからスタートした。

早速ジグを投入する。水深は170mだと聞いていたが、、水深70mで違和感がありジグが止まる。とりあえずアワセて見るとヒット!確実に青物と分かる強引なヒキで、ヒラマサか?と期待するほど。しかも、スロージギングタックルのためなかなかあがらない。10分近くファイトしただろうか。

 

 

ブリだった。狙いとは違ったが良いスタートになった。

  

タラ狙いへ

 

船長は、アラの反応がないと判断し早々に移動。タラポイントへ。

  

早速ジグを投下するも、激流の予感。。潮の影響が少ない400gのイージーペブルだったが、海底から5mあげて落としなおすと、リールのメーターは+15m。2回目も+15mといった感じ。

リアのタコベイトをとっても激流は変わりない。ここまで激流なの中深海は久しぶりだったが、こうなるとタラのアタリが分かり辛く、釣れる気がしかった。

すると、わずかに反応がありアワセる!ヒット!!!

 

 

釣れたのは、400gジグと同じサイズのカレイだった。

こちらのポイントも早々に見切り次のポイントへ。

 

再びアラポイントへ

 

タラ狙いを早々に切り上げて、アラが釣れるというポイントへ。船長いわくアラポイントで1日狙えば1本は釣れるが、数は出ないだろうが狙いましょうとのことだった。

水深は180mくらい。

ここからヒットが続く。 

タヌキメバル

 

オキメバル

 

スルメイカ

五目釣りの雰囲気に。本命のアラ以外はあんまり釣れないはずだったが、、よく釣れる!

すると、同船者にヒット!よく引いている。船長もアラだ!との声が。立派なアラが釣れていた!

自分の竿にも気合が入る。

 

 

アラ登場!!

 

水深170mでゆっくりスローフォールさせていると、ロッドティップが弾かれるような激しいアタリが!

アワセをいれる!

力強く横にラインが引っ張られる。他の中深海フィッシュにはない独特のヒキ、アラだと確信する。

船長もドラグ閉めたりしないでよー。アラは根に潜ったりしないから、ゆっくり無理しないでーと、アドバイスをくれるため、ゆっくりと丁寧に巻き上げた。

  

すると、立派なアラが登場した。やはりアラの引きは中深海ジギングでは一番楽しませてくれる!!

 

3キロ弱のアラ

 

その後、もう1匹アラを追加。幻の魚を1日に2本も釣れるなんて!なんとも良い日だ。

 

この日は、アラ×2、ブリ、タヌキメバル、オキメバル、ムシカレイ、スルメイカと6種目達成!

なんとも楽しい1日となった。

  

丹後 アラ狙いの中深海スロージギングジギングタックルの紹介。

  

本日のタックルを紹介。

 

アラ、タヌキメバル狙い

  

  • リール:オシアコンクエスト301HG
  • ロッド:オシアジガー∞ B610−2+
  • PE:1.2号/300m
  • ジグ:260〜300g(日によって大きく左右される)

この日は、2+の番手でちょうど良い捜査感でアタリも敏感に捉えることができた。ただし、毎回潮の具合が大きく変わるため私は4本のロッドを持参しその日の潮に合わせてリールを交換している。 

 

タラ狙い

  

  • リール:シーボーグ200SJ
  • ロッド:オシアジガー∞ B635
  • PE:1.2号/600m
  • ジグ:350g〜400g

夏の丹後は激流の日が多いため、5番クラスで400gをしっかり動かせる硬めのロッドが良い!

  

☝︎中深海ロッドについて書いてます!

 

 

 

アラ狙いの中深海スロージギングにオススメのジグを紹介

 

アラ狙いにオススメのジグを紹介!!

スロースキップ スピンドル

 

250から330g

 

アラ狙いでは必須?1個は持参した方が良いと思うアイテム。

潮の影響を受けにくい小さいフォルムで扱いやすいのもあるが、アラやメバルは、小さいシルエットによくあたる日があると感じており、他にはないサイズ感のため持参をオススメする。

 

シーフロアコントロール クランキー

 

230〜260g

 

シーフロアの中で、最もベーシック?な形状で、潮がそこまできつくなく、ヒラヒラフォールでアピールしているとアタリが出る日はこれ尽きる!!

  

ダイワ SLジグ

 

260g、330g

セミロングも必要!330gはタラ狙いでも使えるため、安価のジグとしてオススメ。

 

『前回の中深海スロージギング釣行レポート!』

・『ノドグロ・クロムツ!スロージギング釣行レポート』

  

2021/11/12

【大阪湾】明石沖のタチパターンジギングへ!タックル、ジグを紹介

2021/11/6 釣行レポート 目次1 秋の明石ジギングへ!1.1 オススメジグ① メジャークラフト ジグパラロング1.2 オススメジグ② ルンゴスライダー2 明石ジギングのタチパターンのアクションは?3 明石ジギングのタチパターンのタックルを紹介3.1 オススメの単色ライン シマノピットブル4 明石ジギングで釣れた魚を料理 👇   秋の明石ジギングへ! 2021年秋-冬は日本中でブリが豊漁!?の様子だ。北海道ではキロ500円で売られているとか・・ 明石もよく釣れているしサイズも大きい。 ...

ReadMore

2021/10/25

【大阪湾】神戸須磨沖のタチウオテンヤ&ジギング釣行レポート!

2021/10/23 釣行レポート   目次1 神戸須磨沖へタチウオテンヤ&タチウオジギングへ!2 タチウオテンヤでサバフグの猛攻開始。3 タチウオテンヤタックルを紹介4 まとめ4.1 オススメの単色ライン シマノピットブル5 須磨沖で釣れたタチウオを料理 ☟   神戸須磨沖へタチウオテンヤ&タチウオジギングへ! 単色ラインを準備してきた。 昨日の昼、本日の伊勢のマグロ釣行が時化で中止と決定。すぐに代替案を探し、急遽タチウオ釣行に行くことになった。 朝の5時、真っ暗闇の須磨漁港に集合。 港 ...

ReadMore

2021/10/21

【日本海】丹後ジギングでオススメのジグを紹介!ブリ・ヒラマサを釣ろう!

2021/10/14 更新   丹後ジギングでオススメのジグを紹介。 丹後では『丹後ジャーク』でしか釣れないシーンが多く、ジグのチョイスも他エリアと異なる部分も多い。 『丹後ジャーク』では、高速巻き → ロングフォール → ワンピッチ のコンビネーションジャークをするため、ジグの抜けの良さ、フォール姿勢、ワンピッチの姿勢などのファクターがある。 そんなファクターから総合的に人気のジグが定番化していると思う。   今回は、丹後で定番のオススメジグを紹介。こちらのラインアップを揃えていれば丹後ジギング間違いな ...

ReadMore

2021/10/14

【日本海】’21/秋 丹後のブリジギング釣行へ!ジグやタックル紹介します。

釣行レポート 2021/10/08   目次1 秋の丹後へブリジギング釣行へ!2 丹後のブリジギング釣行へ出発!3 丹後ジギングのタックル紹介4 丹後ジギングでオススメのジグ5 丹後で釣れたブリを料理!6 まとめ ☟   秋の丹後へブリジギング釣行へ! 21年10月、真夏は天気が悪い日が多くて猛暑ではなかったのに、10月に入ってからも30℃超えの毎日。 温暖化なのか!? 釣り日和とも言えるので気にしないことに。   平日の金曜日に釣行可能となったのは釣行日の直前、関西近郊で何を釣ろうか考えていたが、丹後で ...

ReadMore

2021/9/17

【大阪湾】須磨沖のタチウオテンヤ釣行!タックル紹介。

2021/9/11 釣行レポート   目次1 大阪湾の須磨沖へタチウオテンヤ釣行へ!2 大阪湾の須磨沖へ!いざ出港!3 大阪湾のタチウオテンヤにオススメのテンヤ4 タチウオ料理を堪能!5 まとめ 👇   大阪湾の須磨沖へタチウオテンヤ釣行へ! 9月に入って、タチウオの釣果も安定してきているとの事前情報があり、やる気マンマンで今季初のタチウオテンヤ釣行に望んだ。 今回の釣行は3ヶ月程前に予約していたが、毎年タチウオは釣れる時期がズレるため、運任せのところがあるが良い日にあたった気がしていた。 ...

ReadMore

-ジギング, 中深海スロージギング, 丹後エリア〜過去釣行〜
-,

Copyright© ジギングワールド , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.