ジギング 中深海スロージギング 大阪・和歌山エリア〜過去釣行〜 釣行ブログ

アカムツ(ノドグロ)・クロムツ狙いで中深海スロージギングへ!

2020/6月 釣行レポート

年中釣れるアカムツではあるが、6-10月が旬と言われることが多い(ただし、地方によって旬は異なる)。最近、丹後の中深海スロージギング釣行が続いていることから、徳島沖?和歌山沖?へアカムツ・クロムツ狙いのジギング釣行に行ってきた。

 

 

 

アカムツ・クロムツジギングポイントは?

 

 

大阪を出船して2時間超の移動へ。5時に出航しキャビンの中でしっかり睡眠し目覚めると7時過ぎだった。

 

徳島沖?和歌山沖?の海溝へ

 

水深300mの世界へ

 

 

早速、水深300mのポイントからスタート。ボトム着底し、数シャクリするとピクンっとアタリがあった。アワセも決まり早速のヒットとなった。5分弱の時間をかけて揚がってきたのは良型(38㎝)のクロムツであった。これは美味そうだ。

すぐ後にヒットした同船者はアカムツを揚げていた。なんとも良いスタート!良い日となりそうだ!

 

 

アカムツ・クロムツジギングタックルについて

 

水深300m超を狙うためスペック通りなら『オシアジガー∞ B610−4』を使用したいところだが、アカムツは繊細な魚のためソフトなしゃくりを演出するため『オシアジガー∞ B610−3』をメインで使用。水深250m以浅では『オシアジガー∞ B610−2+』を使用している。

 

 

  • リール:オシアコンクエスト301HG/シーボーグ200SJ
  • ロッド:オシアジガー∞ B610−2+/B610-3
  • PE:1.5号/300m、1.2号/600m
  • ジグ:260g、350g

☝︎詳細のタックルはこちら! 

 

クロムツはそこそこ釣れる

 

シーフロアのアーク290gが好調だった。アカムツもクロムツも好奇心旺盛でジグを目立たせるのも大事なので、裏面に蓄光シールでグロー追加!

ジグへの反応が良くファーストフォールでボトム上20mでジグに違和感があり、そのままヒットすることも。同じポイントで、私のジグへは攻撃がなかったがサバも多数ヒットしていた。午前中は、この300~330m程度のポイントをいったりきたり、250mのポイントも行ったが覗いた程度だった。

 

トラブルに時間をロス

 

水深300mともなると、ジグを落とすのに3-4分、揚げるのに5分は必要になるため毎投ヒットしたとしても、本数はそこまで多くはならない。そこそこ釣れるなという感触だったが、12時の時点でクロムツが6本の釣果だったのは悲しい。また、中深海はトラブルが多い。船長がおまつりの処理に追われていて、ポイント移動までに時間をロスすることもあったので、それが投入回数を減らす要因にもなっていた。

 

ライントラブルに注意

 

中深海では高価なラインと高価なジグを使用しているためトラブルは要注意だ!

私が水深320mを狙っていたタイミングでお隣さんがクロムツを抜き上げた。クロムツとともに私のラインが引っかかり、魚を回収後にジグに絡まったラインを、お隣りさんが半ば強引に取ろうとラインを手元に引っ張る。プチっとラインが切れる。

『320mのライン』&『クランキー290g』とお別れの時がきた。

総額1万円が海のゴミに変わってしまった。

そして『320mのライン』を消失するということは、今日はシーボーグ200SJを使用できないことを意味していた。シーボーグには新品のファイヤーライン1.2号を500m巻いていたが、残りは180mということになるのだ。600mラインを巻いていたとしても、300mオーバーのラインを消失すると一発アウトになるわけで、その日の釣行を大きく左右してしまうことになるため、トラブルに巻き込まれないことが大事!

(ちなみにお隣さんはお仲間であったので、新品のラインを贈呈してもらうことに)

  

 

アカムツが釣れる狙い方

 

同船者が釣り上げたアカムツ

 

アカムツはとにかくボトムの狙いが重要。ほとんどのアカムツがボトムから1m以内で食ってくるため、とにかく底でジグをユラユラアクションさせることが大事なようだ。クロムツはボトムから20-30m浮くことも多いようだがアカムツは浮かない。唯一、アカムツを3匹上げた同船者に聞いても、執拗に底を狙っていたとのことだった。

 

アカムツ・クロムツジギングまとめ

 

3人分の釣果

今回はクロムツ6本の釣果となった。アカムツ1本を頂き最高のお土産ができた釣行となった。

 

  

2022/1/19

【日本海】冬の丹後、寒ブリ・寒サワラ爆釣狙いのジギングへ!

2022/1/14 釣行レポート   目次1 真冬の丹後へ!寒ブリ&寒サワラをジギングで狙いに!!2 丹後の寒サワラジギングスタート3 丹後の寒ブリジギングスタート!4 丹後の寒サワラジギング再スタート!5 丹後ジギングのタックル紹介6 丹後ジギングで釣れた魚を料理!!7 まとめ ☟   真冬の丹後へ!寒ブリ&寒サワラをジギングで狙いに!! 2021年の11〜12月の期間、4回連続して時化で出港できないことが続いた。 2022年初釣行も、直前まで日本海が大雪になったことにより中止と思われて ...

ReadMore

2022/1/11

関西ジギング、ソルトルアーのポイント・スケジュールを紹介!

  年始めになる頃には、その年の釣りの年間スケジュールがだいたい決まっているのが恒例となっている。 関西在住の方に参考になればと思い書いてみることに!    関西のジギング年間スケジュール 1月:丹後寒ブリ狙い。もしくはトンジギ。 2月:鳥羽ブリ・サワラ狙い。もしくはトンジギ。 3月:丹後春ブリ爆釣狙い。もしくはトンジギ。 4月:丹後春ブリ爆釣狙い。丹後ヒラマサキャスティング。 5月:明石桜鯛狙い。 6月:丹後スロージギング。夏タラ・タヌキメバル狙い。 7月:若狭湾イカメタル。伊勢湾マグロキャスティング。 ...

ReadMore

2021/11/12

【大阪湾】明石沖のタチパターンジギングへ!タックル、ジグを紹介

2021/11/6 釣行レポート 目次1 秋の明石ジギングへ!1.1 オススメジグ① メジャークラフト ジグパラロング1.2 オススメジグ② ルンゴスライダー2 明石ジギングのタチパターンのアクションは?3 明石ジギングのタチパターンのタックルを紹介3.1 オススメの単色ライン シマノピットブル4 明石ジギングで釣れた魚を料理 👇   秋の明石ジギングへ! 2021年秋-冬は日本中でブリが豊漁!?の様子だ。北海道ではキロ500円で売られているとか・・ 明石もよく釣れているしサイズも大きい。 ...

ReadMore

2021/10/25

【大阪湾】神戸須磨沖のタチウオテンヤ&ジギング釣行レポート!

2021/10/23 釣行レポート   目次1 神戸須磨沖へタチウオテンヤ&タチウオジギングへ!2 タチウオテンヤでサバフグの猛攻開始。3 タチウオテンヤタックルを紹介4 まとめ4.1 オススメの単色ライン シマノピットブル5 須磨沖で釣れたタチウオを料理 ☟   神戸須磨沖へタチウオテンヤ&タチウオジギングへ! 単色ラインを準備してきた。 昨日の昼、本日の伊勢のマグロ釣行が時化で中止と決定。すぐに代替案を探し、急遽タチウオ釣行に行くことになった。 朝の5時、真っ暗闇の須磨漁港に集合。 港 ...

ReadMore

2021/10/21

【日本海】丹後ジギングでオススメのジグを紹介!ブリ・ヒラマサを釣ろう!

2021/10/14 更新   丹後ジギングでオススメのジグを紹介。 丹後では『丹後ジャーク』でしか釣れないシーンが多く、ジグのチョイスも他エリアと異なる部分も多い。 『丹後ジャーク』では、高速巻き → ロングフォール → ワンピッチ のコンビネーションジャークをするため、ジグの抜けの良さ、フォール姿勢、ワンピッチの姿勢などのファクターがある。 そんなファクターから総合的に人気のジグが定番化していると思う。   今回は、丹後で定番のオススメジグを紹介。こちらのラインアップを揃えていれば丹後ジギング間違いな ...

ReadMore

 

-ジギング, 中深海スロージギング, 大阪・和歌山エリア〜過去釣行〜, 釣行ブログ
-, , ,

Copyright© ジギングワールド , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.