丹後中深海スロージギング、タラジギングタックル紹介!

  

丹後のタラ・中深海スロージギングにオススメのタックルとは

   

 丹後のタラ・中深海スロージギングはターゲットによって水深は異なる。また、深場を狙うとその日の潮流の影響が大きくなる。夏場は潮流が激しくなることから、通常のスロージギングよりも少し固めのロッドがオススメだ。

 

・タラ狙い:水深220~250m

・メバル・カレイ狙い:水深150〜200m

ーー

丹後中深海スロージギングにオススメのロッド

 

 昨年秋、丹後の中深海ジギング釣行時に所有しているオシアジガースロージギングロッドを船に持ち込み。どのロッドが適しているか検証してみた。  

 

オシアジガーインフィニティーシリーズ

丹後スロージギングに適したオシアジガーインフィニティシリーズを検証

 

<オシアジガーインフィニティの個人的感想をまとめた>

※条件:260g 、ペブルスティック 、0.5ノット、丹後沖 

100m200m235m(タラ場)
B65−2△ パワー不足未実施未実施
B 610-2+○ ちょうど良い△ 少々パワー不足×パワー不足
B 610-3○ ちょうど良い○ ちょうど良い○良い(潮流による)
B 610-4△ 少し硬い○ 少し硬い○ ちょうど良い
B 635未実施△ 硬い○ 良い(潮流による)

丹後中深海ジギングに適したオシアジガーロッドの検証結果

☞タラはB635を、激しい潮流に備えてメインで使用

☞メバル・カレイ狙いは、B610-3を使用

 

①オシアジガー∞ B635(タラ狙い)

B635は、160g〜430gまで対応

 

 私は、旧モデルのB635を使用中(オシアジガー∞MOTIVEへの買い換え検討中)。夏場は、強烈な2枚潮に出くわす場面があり400gのジグを投入することもある。さらに、強めにシャクリを入れることで大物のタラを狙えるシーンもある。そんな時は少し固めのロッドがいい。サブタックルとして、オシアジガー∞ MOTIVE B610-4も持参する。最近、感じているの2枚潮などで、ラインが斜めに出てしまうときは、ロングロッドのほうがやりやすい。

 

②オシアジガー∞ MOTIVE B610-3(メバル・カレイ狙い)

 水深150〜200mで、200g〜250gのジグを操作するのにベストな仕様。また、このモデルは伊勢ビンチョウマグロでも適しており、非常に汎用性の高いオススメモデルと言える。

 

丹後中深海スロージギングにオススメの電動リールは

 

①シーボーグ200JL-SJ(タラ狙い)

 

 

私は、タラ狙いでは電動リールをメインに使用(深場での回収が面倒なため)。そこで、1.2号500m巻けるこのリールがオススメだ。右利きの私は、重いジグを安定してスローにシャクるには、左巻きリールが合うと感じている。また、通常のジギングは右巻きがメインだ。

 

②フォースマスター800(タラ狙い)

 

 

 フォースマスター800にジギングハンドルを装着している。手巻きのオシアジガー2000番でもよい。

 

↓続きは次のページへ

 

次のページへ >

Copyright© ジギングワールド , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.