オススメタックル キャスティング マグロ

三重 キハダキャスティングはじめます① タックル準備〜リール編〜

 

 

2020年9月 ようやく三重のマグロキャスティングに挑戦が決定!!(本当は7月から参戦したかったが、、)

ヒラマサキャスティングやマグロジギングの経験はあるが、マグロキャスティングは初挑戦!

マグロキャスティングとなると、始めるにあたりいろいろ用意が必要だったためまとめることにした。

 

 

 

初めての三重キハダマグロキャスティングで用意するもの!

 

今回、ジギングやヒラマサキャスティングはそれなりの経験があるが、マグロキャスティングを始めるにあたり用意する必要があった。

 

  • リール(14000&18000)
  • ロッド(マグロ専用ロッド or ヒラマサロッド)
  • ルアー
  • ライン(PE+リーダー)
  • ギンバル(お腹につけるロッドあて)

  

☞今回はリールについてまとめてみた

 

三重キハダキャスティング用リールについて

 

キハダマグロのキャスティングといえば、相模湾が有名でその次に三重になる。今回は三重のキハダキャスティングリールを選定するにあたって、三重キャスティングと相模湾キャスティングに精通した知人にいろいろ教えてもらうことにした。

三重のキハダキャスティングリールは18000番を用意すべき

とのことだった。

キハダマグロのキャスティングと言えば、相模湾が一番有名であることから、それをベーシックタックルとして参考にしがちになる。相模湾の基本はリール:14000番/PE:5〜6号であるが、相模湾のキハダのアベレージサイズは30kg前後である。

三重は秋になると50kgオーバーの群れが現れる(80kgも稀に現れるようだ)ことから、秋以降はリール:18000番/PE:8号が必要になってくるようだ。

しかし、6号と8号では飛距離にも違いが出てくるし、使えるルアーも異なってくるため、両方のタックルを用意することにした。

 

☞リールは、『14000』『18000』の両方を用意するのがベスト!

 

やはり、マグロの強烈な引きに耐えうるリールとなると、ソルティガかステラということになる。

 

三重キハダキャスティング用にソルティガ18000Hを追加!

 

 

20ソルティガ18000を追加購入!

20ステラ18000とかなり悩んだ。13ステラの評判が圧倒的な高評価で、その13ステラの構造をほぼそのまま受け継がれていることから耐久性は間違いなさそうと感じていたからだ。

最後はこの動画を魅力に感じてしまい、20ソルティガ にすることにした。

 

20ソルティガオススメ動画

 

 

巻きの軽さのアピールに最も魅かれた。

 

 

三重キハダキャスティングのリールセッティング


 

三重のキハダキャスティングは、この4台のリールで決定!

 

  1. 20ソルティガ18000H 8号/300m 
  2. 15ソルティガ6500H 8号/300m(※18000と同サイズ)
  3. 20ソルティガ14000H 6号/300m(80g前後のルアー用)
  4. 20ソルティガ10000 4号/300m(カツオ用)

(※20年度、釣り人生で一番の散財となった)

    

三重キハダキャスティング用にオススメのライン


 

やはり大物を釣り上げるにはラインが重要!そこで、何名かのマグロオタクの知人にオススメのラインを聞いてみると、この2択でどちらかを使用している人が多かった。

 

①ダイワ ソルティガ 12ブレイド

 

 

私は全てにこのラインを使用することにした。楽天市場などでポイントが多く付く日に購入すれば、8号/300mで実質7,000円代で購入可能。

 

②オッズポート 

  

  

こだわりが強い人はこのラインが多い。扱いやすさと強度がハンパないそうだ。価格もすごい!! 

  

 

(番外編)海外製のリールは使えるのか?

  

フィッシング相模屋さんでは、キハダ用に安価で使えるリールとしてオクマ社の『アゾレス8000』をオススメされていたので、その記事を紹介する。

 

   

価格は2万円前後とソルティガ1/5くらいの安価。海外製リールの難点は重さで、体力自慢の人なら全く問題なさそうだ。

 

三重キハダキャスティングまとめ


 

三重のキハダは相模湾よりも比較的大きいことから、18000番リール / 8号 タックルの用意が必要。

私は、この4つのタックルでチャレンジすることにした。

  • 8号タックル×2
  • 6号タックル×1
  • 4号タックル×1(カツオ用)

最後に、三重のキャスティング船はとにかく予約困難。タックル準備する前から船を予約することをオススメする。

その他、ロッド・ラインシステムは次の記事で!

 

三重キハダキャスティングタックルリンク


☝︎続きはこちら

 

2021/6/23

明石のタコ釣り釣行レポート!タックルや仕掛けを紹介!

2021/06/16 釣行レポート   目次1 明石へタコ釣りへ!2 タコ釣りポイントへ3 タコ釣りのオススメのエギは??4 タコタックルを紹介5 タコの美味しい料理を紹介6 まとめ ☟   明石へタコ釣りへ! 20年は明石・東京湾とタコが非常に豊漁であった。21年は今のところ例年通りで、豊漁といったことはないようだ。6月はまだシーズン序盤で、タコの新子の数は少ない為、数釣りではなくサイズ狙いで挑んだ今回の釣行だった。   タコ釣りポイントへ   明石港を出て移動すること40分。淡路島沖のポイントに到着し ...

ReadMore

2021/6/23

日本海丹後のイカメタル 釣行レポート!

2021/6/12 釣行レポート   目次1 丹後へイカメタル釣行へ!2 イカメタル 釣行スタート3 イカ料理で大満足! ☟   丹後へイカメタル釣行へ! いよいよ日本海の本格的なイカメタルシーズン開幕!のちょっと直前にきた。 前回の小浜イカメタル釣行では撃沈したため、リベンジの意味を込めて気合を入れた釣行となった。 最近、好調のニュースが多い丹後のイカメタル!釣るぞ!!!   イカメタル 釣行スタート   今回は東舞鶴から出船した。ポイントは丹後半島よりも西に位置するポイントで約1.5時間近くの船旅とな ...

ReadMore

2021/6/9

初夏の丹後のタラジギングの釣果レポート!タックル・タラ料理も紹介!

2021/6/5 釣行レポート   ☟ 目次1 初夏のタラジギングに丹後へ!2 タラジギング スタート!3 メバル狙いの中深海スロージギングへ!4 タラジギング・中深海スローにオススメジグを紹介5 タラジギングのタックルを紹介!6 美味しいタラ料理を紹介!7 まとめ   初夏のタラジギングに丹後へ! タラジギングのシーズンが到来! タラと言えば冬のイメージであるが、やっぱり身を食べるならダンゼン夏がうまい!冬は白子・タラコに栄養が取られてしまうためだ。 夏のタラが大好きな著者にとって、このタラジギングは大 ...

ReadMore

2021/5/31

福井県 小浜のイカメタル釣行レポート

2021/5/26 釣行レポート   目次1 小浜にイカメタル釣行へ!2 小浜沖のイカメタルスタート ☟   小浜にイカメタル釣行へ! 21年春、『緊急事態宣言』が出ていた為、何度も釣行を中止にせざる得ない状況となってしまった。 21年5月、小浜周辺では例年よりも早くマイカが好調との情報があり、早速行って見ることにした   小浜沖のイカメタルスタート   18時頃、小浜沖周辺のポイントで釣りスタート。 密集はしていないものの周辺には数10隻のイカ遊漁船がある状態だった。   シマノフラッシュブーストを使用 ...

ReadMore

2021/5/20

日本海イカメタルのタックル紹介 オススメのロッド、リールは?

  目次1 日本海のイカメタルについて2 日本海のイカメタルのスケジュール3 日本海イカメタル タックル紹介4 オススメのベイトタックル紹介5 オススメのスピニングタックル紹介 ☟   日本海のイカメタルについて イカメタルといえば、福井若狭湾が発祥の地としてあまりにも有名であるが、続いて丹後・兵庫沖・鳥取沖も有名エリアとなる。エリアによって異なるが、比較的浅瀬のエリアで簡単なタックルで釣れることもあり近年は非常に人気の釣りである。   日本海のイカメタルのスケジュール 5月~6月  ムギイカ、マイカ、ス ...

ReadMore

 

-オススメタックル, キャスティング, マグロ
-,

Copyright© ジギングワールド , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.