オススメタックル

ダイワ・シマノの電動リール用の小型バッテリーの使い方を紹介。

2021/06/09

 

中深海電動スロージギング・タチウオテンヤで使用する電動リールにオススメの小型バッテリーを紹介


中深海ジギング・タチウオテンヤで使用してる電動リールは、『シーボーグ200LJ』と『フォースマスター800』の2個。

以前は、据え置き型の鉛バッテリーやリチウムバッテリーを使用していたが、小型タイプのバッテリーが安価でめちゃくちゃ使いやすいので紹介!

 

電動リールで使用するオススメバッテリーは?


オススメバッテリーはこちら!!

  

こちらは、ダイワ社から発売されているリチウムイオンバッテリーに酷似した製品。D社からは2,600mAhまでしかラインアップされていないが、この類似品は3,500mAhと記載されている。この要領に魅力を感じ購入。サイズは手のひらにすっぽりおさまる小型・軽量。最初はこのサイズではもって1時間程度?と疑ってしまった。ただし、念のため2台購入(1セット8,600円)した。

また、上記ショップだと、レビューを書くとケーブルがもらえるキャンペーン実施中。

 

10センチ程度,270gのボディ。手のひらにすっぽりおさまる。

 

バッテリーのオススメケーブルは?


ダイワ BM AIRコード

長さ違いで2本所有している。
オールマイティに使いやすいのは青色。
青色:200cm
黒色:140cm

シマノ、ダイワのどちらの電動リールでも共通して使用可能。ダイワのケーブルが細くて軽いのでオススメで1択である。

また、Amazon等で安物も多く販売されているが、ケーブルの破断は多く現場で使用不可になることも多い。やはり、しっかりしたメーカーから買うことをオススメする。

  

 

小型バッテリーは実釣で何時間もつのか?


ダイワ社から発売されている2600mAhのリチウムイオンバッテリーは、レオブリッツ300Jで80号ビシを100mから巻きする回数が約50回と記載されている

⇒計算上、3500mAhのバッテリーだと、約75回は巻き上げ可能。実測してみた。

  

バッテリーチェッカーを使用して実測。


 ダイワのバッテリーチェッカーを使用。本製品の電池容量は3,500mAhのため、こちらを使用した場合の電池残量は少し低めに表示される。

 

丹後の中深海電動スロージギングで、電動リールを使用した場合の電池使用量は?


朝の9時から15時まで使用(水深200m)。海底までジグを落としてから完全に巻き上げたのは20回未満。釣りの途中、海底のジグの位置を変えるために、海底200mのジグを30m程度巻き上げたのが20回程度。電池残量は50%程度は残っていた。電池使用量は、1750mAhしか使用していないようだ。使用リールは、上記のシーボーグ200LJとフォースマスター800を半々の割合で使用。(右と左巻きで疲れ防止)

過去、根魚狙いのスロージギング(水深150m)で使用した際は3500mAhを使用したことがある。この時は頻繁に水面まで巻き上げを行っていたからと思われる。私は使用頻度が多い時は予備のバッテリーにタイミングを見て切り替えている。

 

タチウオテンヤで使用した場合の電動リールの電池使用量は?


朝6時から12時まで水深50m付近で使用。ストップアンドゴーのアクションが多かったため、水面までの巻き上げ回数は30回程度と思われる。電池残量は30%程度。約2000mAh使用したようだ。

  

結論、電動リールには小型バッテリーが十分活躍する!


結論としては、3,500mAhの小型リチウムイオンバッテリーが活躍する。テンヤや中深海スロージギングであれば、1本で1日持つことが多い。リチウムイオンバッテリーは充電回数に応じて容量が減る経年劣化が起こりやすいことから、現場には2本持っていくことが推奨。

  

 

2021/6/23

明石のタコ釣り釣行レポート!タックルや仕掛けを紹介!

2021/06/16 釣行レポート   目次1 明石へタコ釣りへ!2 タコ釣りポイントへ3 タコ釣りのオススメのエギは??4 タコタックルを紹介5 タコの美味しい料理を紹介6 まとめ ☟   明石へタコ釣りへ! 20年は明石・東京湾とタコが非常に豊漁であった。21年は今のところ例年通りで、豊漁といったことはないようだ。6月はまだシーズン序盤で、タコの新子の数は少ない為、数釣りではなくサイズ狙いで挑んだ今回の釣行だった。   タコ釣りポイントへ   明石港を出て移動すること40分。淡路島沖のポイントに到着し ...

ReadMore

2021/6/23

日本海丹後のイカメタル 釣行レポート!

2021/6/12 釣行レポート   目次1 丹後へイカメタル釣行へ!2 イカメタル 釣行スタート3 イカ料理で大満足! ☟   丹後へイカメタル釣行へ! いよいよ日本海の本格的なイカメタルシーズン開幕!のちょっと直前にきた。 前回の小浜イカメタル釣行では撃沈したため、リベンジの意味を込めて気合を入れた釣行となった。 最近、好調のニュースが多い丹後のイカメタル!釣るぞ!!!   イカメタル 釣行スタート   今回は東舞鶴から出船した。ポイントは丹後半島よりも西に位置するポイントで約1.5時間近くの船旅とな ...

ReadMore

2021/6/9

初夏の丹後のタラジギングの釣果レポート!タックル・タラ料理も紹介!

2021/6/5 釣行レポート   ☟ 目次1 初夏のタラジギングに丹後へ!2 タラジギング スタート!3 メバル狙いの中深海スロージギングへ!4 タラジギング・中深海スローにオススメジグを紹介5 タラジギングのタックルを紹介!6 美味しいタラ料理を紹介!7 まとめ   初夏のタラジギングに丹後へ! タラジギングのシーズンが到来! タラと言えば冬のイメージであるが、やっぱり身を食べるならダンゼン夏がうまい!冬は白子・タラコに栄養が取られてしまうためだ。 夏のタラが大好きな著者にとって、このタラジギングは大 ...

ReadMore

2021/5/31

福井県 小浜のイカメタル釣行レポート

2021/5/26 釣行レポート   目次1 小浜にイカメタル釣行へ!2 小浜沖のイカメタルスタート ☟   小浜にイカメタル釣行へ! 21年春、『緊急事態宣言』が出ていた為、何度も釣行を中止にせざる得ない状況となってしまった。 21年5月、小浜周辺では例年よりも早くマイカが好調との情報があり、早速行って見ることにした   小浜沖のイカメタルスタート   18時頃、小浜沖周辺のポイントで釣りスタート。 密集はしていないものの周辺には数10隻のイカ遊漁船がある状態だった。   シマノフラッシュブーストを使用 ...

ReadMore

2021/5/20

日本海イカメタルのタックル紹介 オススメのロッド、リールは?

  目次1 日本海のイカメタルについて2 日本海のイカメタルのスケジュール3 日本海イカメタル タックル紹介4 オススメのベイトタックル紹介5 オススメのスピニングタックル紹介 ☟   日本海のイカメタルについて イカメタルといえば、福井若狭湾が発祥の地としてあまりにも有名であるが、続いて丹後・兵庫沖・鳥取沖も有名エリアとなる。エリアによって異なるが、比較的浅瀬のエリアで簡単なタックルで釣れることもあり近年は非常に人気の釣りである。   日本海のイカメタルのスケジュール 5月~6月  ムギイカ、マイカ、ス ...

ReadMore




-オススメタックル
-, ,

Copyright© ジギングワールド , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.